m4mu.com

日焼け対策


日焼け用オイルを使うのと使わないのでは、同じ日焼けでも日焼け後の肌が違ってくるのです。


日焼けオイルも、日焼けのトラブル対策になるのです。肌をこんがり焼くために日焼けオイルで対策する人は多いのですが、キレイな日焼けを助けてくれるだけでなく、日焼けオイルは肌に悪影響を与える不必要な紫外線をきちんとカットして、日焼け対策をしてくれます。


オイルにも様々な種類があります。


オイルフリーやウォータープルーフなどありますが、日焼けオイルでの対策も汗や水に触れることで効果は落ちてしまいます。


一度塗っただけで安心しないで、出来れば2〜3時間を目安に塗りなおすことをお勧めします。


プールで使用するのか海で使用するのか、それとも屋外のスポーツで使用するのか、日焼けオイルでの対策も使用する場所に合った物を選ぶと効果も高いでしょう。また、プールなど場所によっては使用を禁止しているところもありますから、必要がある場合は確認しておきます。


対策した後に注意したい点があります。


日焼けオイルはウォーターサーバーしっかりキレイに落とすということです。


オイルが残っていることでトラブルになる可能性があるからです。石鹸やボディーソープで落としきれないような場合は、クレンジング剤などを使用してしっかり落とすことを心がけます。


小麦肌を作りたい人はぜひ日焼けオイルで対策をして、トラブルのない日焼けをして下さい。


日焼けの対策というと、真っ先に思い浮かぶのは、やはり顔や体などでしょう。


しかし他の部分でも日焼けくりっく365の対策が必要なのです。


そうです、それが日焼けの落とし穴なのです。


対策を忘れがちな箇所の一つ目は「髪の毛」です。


髪も肌と同じように紫外線による日焼けに対する対策が必要な箇所なのです。


髪は紫外線を受けるとキューティクルがはがれやすくなり、髪の乾燥や切れ毛、枝毛などダメージの原因になってしまいます。


また、日焼けをしたことで髪が変色することもあるのです。


対策としては、日焼け止め効果のあるヘアコート剤などを使用する、帽子や日傘を使ってできるだけ紫外線を髪に当てないようにするなどが効果的でしょう。


特にプールや海水浴では髪は常に紫外線を浴びる状態になるので、ヘアコート剤の使用をお勧めします。


お肌だけでなく、日頃から髪に対してもしっかり日焼け前後の対策をしっかりやってあげることと、紫外線の強い季節は特に注意して丁寧に行うことで、髪のベストな状態が保てるようになるはずです。